【ご当地ドレッシングシリーズ第4弾】「道の駅・湯の香しおばら」開発のドレッシング

栃木県が誇る温泉地、那須塩原。

管理人が那須岳(茶臼岳)に登ったのは、かれこれ20年以上前だったことを
思い出しますが、
那須塩原の印象と言うと、山と牧場と温泉というイメージです! 

DSC_0382 by nakimusi, on Flickr
Creative Commons Attribution 2.0 Generic License  by  nakimusi 

 

その那須岳から、南南西に30kmほど行った場所に、
「湯の香」ラインという道が走っており、

道の駅・湯の香しおばら(那須塩原市関谷442)」は、
「湯の香」ラインと塩原バレーラインという道路が出あう付近に
あるのです。
(東北自動車道西那須野塩原から北西方面)


大きな地図で見る


道の駅・湯の香しおばらを運営するアグリパル塩原会が
地元農産物を使ったドレッシングを5種類開発したと知り、
調べてみました。

その5種類とは
「万能ドレッシング」
「キウイ&柚子ドレッシング」
「ブルーベリー生ドレッシング」
「茎わかめ&梅干」
「りんご&ゆず」

(各150ml入り、500円)

詳しくはこちら

特に後半の4つは、なんとも独特なご当地ドレッシングという雰囲気抜群です!


2013年9月末から発売しているのが
「万能ドレッシング」と「キウイ&柚子(ゆず)ドレッシング」の2種類です。

万能ドレッシングは地元産の熟成しょうゆ「那須のむらさき」をベースに
ニンニクやタマネギ、ショウガ、ユズで味や風味をつけているのだそうです!

「キウイ&柚子ドレッシング」はキウイフルーツをドレッシング1本につき
丸ごと1個を使用し、さらに国産蜂蜜でこくを出しているとのこと!

そして、
2014年1月に登場したのが
「ブルーベリー」「茎わかめ&梅干」「りんご&ゆず」の3種類です。

特に、「茎わかめ&梅干」は、石巻市の茎ワカメと那須塩原市折戸地区産の梅干しと
コラボした商品だそうです!


いずれのドレッシングも
「無添加で手作り、少量生産。常に新鮮な味が楽しめる」のがコンセプトだそうです。

「道の駅・湯の香しおばら」に立ち寄った際には
ぜひ購入してみたいドレッシングです!

うーん、サラダにかけて食べてみたい!

 

organic salad, ’45’ balsamic dressing by kawanet, on Flickr
Creative Commons Attribution 2.0 Generic License  by  kawanet 

(記事とサラダの写真は 直接の関係はございません)

 





サイドメニュー





twitter

twitter


ビューMAPの旅(旅館・民泊)