【ご当地ドレッシングシリーズ第1弾】信州産えのきとしめじきのこドレッシング登場!

北陸新幹線飯山駅が平成26年度末に

改行を迎えようとしている長野県の飯山市。

日本列島のほぼ真ん中で長野県の最北部にある飯山は

山や自然に囲まれた、世界でも有数の雪国でもあります。

 

そんな飯山市にある「JA北信州みゆき」と同JA女性部が新しいドレッシングを

つくられたというニュースをキャッチ!!

 

その名も、

特産のきのこを使った「信州産えのきとしめじきのこドレッシング

ノンオイルタイプの青じそ味なのだそうです!

ブナシメジとエノキタケがそれぞれ50グラムずつ入っており、「きのこのこくと、とろみがおいしい」と評判とのこと。

 

サラダはもちろん、とんかつや冷ややっこにとの相性もいいという

ちょっと気になる製品です!!

 

なかなか地元民でないと手に入らないかもしれませんね!

あるいは長野物産展あたりで出品してくれるのでしょうか?

 

みかけたらぜひゲットしたいドレッシングです!

 

→日本農業新聞より、

信州産えのきとしめじきのこドレッシング 長野・JA北信州みゆき (2013/12/20)

 

 





サイドメニュー





twitter

twitter


ビューMAPの旅(旅館・民泊)